最新公演・コンサート情報 (C o n c e r t s)

  2016

   

 本物の声・本物の音楽を紡ぎだす至高の一夜

 a la carete!! Vol.8 
 
    大田区民ホールアプリコ小ホール
  JR・東急・蒲田駅下車 徒歩3分

 

    2016年5月6日(金)
  18:30開場/
19:00開演

 

 ソプラノ:テイツィアーナ・ドウカーティ 
   バリトン:大沼徹

   ピアノ:吉田貴至   
 

 チケット料金 4.500円

  

   チケット先行予約中 

     ※当ホームページのチケットフォームからもお申し込みいただけます。

 

  【一般販売カンフェティ予約】 

 

 2016年2月1日(月)10時より
 http://www.confetti-web.com/detail.php?tid=32447&

 ※PC、スマートフォン、携帯対応

 電話予約 カンフェティチケットセンター 

 TEL: 0120-240-540(受付時間 平日10:00~18:00)

 

 

 

 

テイツィアーナ・ドウカーティ ソプラノ

イタリア・トリノ出身。

トリノ音楽院を経てミラノ・スカラ座研究生として学ぶ。 G.ファーヴァレット、I.A.コッラデッテイ、G.シミオナートに師事。最年少18歳でアレッサンドリア国際声楽コンクール優勝、その後、パヴァロッティ国際声楽コンクール、ベッリーニ国際声楽コンクール、そして声楽コンクールの世界最難関と言われるヴェルディ国際声楽コンクールで優勝。7つもの国際声楽コンクールで全て優勝という快挙を果たす。イタリアをはじめヨーロッパ各地の歌劇場に数々のオペラに主役で出演し、パヴァロッティ、ドミンゴ、レオ・ヌッチらと共演する。彼女の歌の特質は何と言っても比類なき歌唱技術である。天性の声はただ明るく美しいだけでなくその上、暗く音色をたたえており、まさにベルカント唱法の真髄を究めたイタリアでもトップの実力を持つソプラノである。2014年日韓合作映画『ザ・テノールー真実の物語』では名メゾ・ソプラノ歌手・フィオレンツァ・コッソット役で出演し劇中劇ではメゾ・ソプラノの歌唱をも披露し、類いまれなる実力を披露。

 

 

大沼  徹   バリトン

福島県出身。

東海大学教養学部芸術学科音楽学課程卒業、同大学院修了。大学院在学中、東海大学海外派遣留学生としてベルリン・フンボルト大学へ留学。ハルトムート・クレッチュマン、クラウス・ヘーガーに師事。二期会オペラ研修所第51期マスタークラス修了。修了時に最優秀賞及び川崎靜子賞受賞。 第17回日本声楽コンクール第3位。第75回日本音楽コンクール(歌曲部門)入選。第12回世界オペラ歌唱コンクール「新しい声」ドイツ本選出場。第7回藤沢オペラコンクール奨励賞。第14回日本モーツァルト音楽コンクール声楽部門第1位受賞。 第21回五島記念文化賞オペラ新人賞受賞。ドイツ・マイセンへ留学。2009年6月二期会ニューウェーブオペラ『ウリッセの帰還』ウリッセ役に主演しデビュー。以降東京二期会『オテロ』イアーゴ、『魔笛』パパゲーノ、『サロメ』ヨカナーン、『パルジファル』アムフォルタス『こうもり』ファルケ、『ホフマン物語』4役では、スケールの大きな演奏で聴衆を魅了し、絶賛を浴びた。新国立劇場『沈黙』ヴァリニャーノ、『魔笛』弁者、『蝶々夫人』シャープレス等に出演。シューベルト「冬の旅」「美しき水車小屋の娘」等のドイツリートでも高い評価を得ており、目覚ましい活躍で注目を集めている。 2015年8月、サントリー芸術財団主催ツィンマーマン『若い詩人のためのレクイエム』(大野和士指揮・日本初演)10月、二期会公演『ダナエの愛』(日本舞台初演)ユピテルに出演。二期会会員。

 

 

吉田 貴至  ピアノ

東京都大田区出身。

国立音楽大学声楽学科卒業。在学中より二期会合唱団として、二期会オペラ公演や各オーケストラ公演に出演し、内外の著名な指揮者、演出家、ソリスト、スタッフに接する事で舞台の表裏共に貴重な経験を積み重ねた。同時にオペラのコレペティトゥーア(声楽家のコーチ)を志し、卒業後ピアノに転向。二期会、横浜シティオペラ等でコレペティトゥーア、伴奏ピアニストとしてのキャリアをスタート。オペラの分野では数多くのオペラプロダクションにおいて、30演目以上の作品にオペラ公演及び声楽を伴う公演にコレペティトゥーア、音楽スタッフ、鍵盤楽器奏者として参加しキャリアを積んでいる。10年よりオペラマスタークラス、コレペティ研修のため度々渡欧。14年ダンテ・マッツオーラ(ミラノ・スカラ座指揮者)のマスタークラス修了。多くの著名な声楽家との共演ピアニストとして、リサイタル、録音等で共演。10年BeeTVドラマCX「サヨナラの恋」では俳優・上川隆也氏のピアノ指導及び弾き替え、ドラマ中の演奏を担当するなど、TV,CM等にも参加。男性声楽ユニット“La Dill”(ラディル)のピアニストとして、結成当初より参加し、幅広い活動をしている。また自身で企画する公演のプロデュース力にも高い評価を得ている。現在、二期会ピアニスト、日本演奏連盟会員。

http://ameblo.jp/takayan-yoshiyan/ 吉田貴至ブログ “ココからはじまるピアニスト”